「いくら寝ても眠い」
「過眠症かもしれない」と
思ったとき、
真っ先に疑ってほしい病気です。

睡眠不足症候群の概要

睡眠不足症候群とは、定期的に充分な睡眠がとれない状態をいいます。睡眠不足症候群は、体が期待する睡眠時間よりも遅い時間に就寝するような選択をした結果、起こります。本人は普段、睡眠時間が足りていないことに気づいていません。よくある例としては、TVを見るために起きていたり、ベッドでスマホを使ったり、本を読んだりして睡眠不足になることがあります。

睡眠負債は、仕事、学校、家庭での責任によるものもあります。週末に睡眠を取り戻そうとしても、通常、週の残りの期間の不充分な睡眠を補うには不充分です。

その結果、睡眠不足に陥ります。これにより、日中の注意力と充分な休息が得られなくなります。

睡眠不足症候群の症状

睡眠不足症候群の人は、次のようなことが考えられます。:

  • 日常的に、夜ベッドで過ごす時間が8時間未満である。
  • 親しい友人や家族から、睡眠時間が足りないと指摘される。
  • 長時間眠ると症状が改善する。
  • 過剰な眠気の原因となりうる他の医学的または睡眠障害がない。
  • 集中力や注意力の低下、エネルギーレベルの低下、注意力の低下、注意力散漫、イライラ、疲労感がある。

睡眠不足症候群の危険因子

睡眠不足症候群は、睡眠センターに相談に来られる方の約2%の方が罹患しています。

睡眠不足は行動的なものです。就寝時間を遅くしすぎて、推奨される7~9時間の睡眠時間を確保できなくなることです。

睡眠不足症候群の診断

日中の眠気があり、毎晩7~9時間の睡眠をとっていると感じている場合は、必ず医療機関に相談してください。 医療機関では、あなたの病歴を知る必要があり、睡眠時無呼吸症候群のような一般的な睡眠障害を診断することができるかもしれません。また、睡眠専門医を紹介してもらう必要があるかもしれません。

睡眠医とは、あらゆる睡眠障害の診断と治療の訓練を受けた専門家のことです。眠気は、他の多くの睡眠障害の結果である可能性があります。以下のようなものがあります。

  • 環境性睡眠障害
  • 精神生理学的不眠症
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  • 中枢性睡眠時無呼吸症候群
  • ナルコレプシー
  • 特発性過眠症
  • ショートスリーパー
  • シフトワーク障害
  • 遅発性睡眠覚醒期障害
  • 周期性四肢運動障害

睡眠専門医は、あなたの就寝前の習慣や睡眠歴について質問します。この質問には、あなたのベッドパートナーにも回答してもらうことがあります。また、数週間の睡眠日誌をつける必要があるかもしれません。この日記には、日頃の就寝時刻と起床時刻が記載されています。

場合によっては、睡眠検査が必要になることもあります。これは睡眠ポリグラフと呼ばれています。睡眠中の脳波、心拍、呼吸を記録します。また、腕や足の動きも記録します。これにより、眠気の原因となる他の睡眠障害があるかどうかがわかります。

睡眠不足症候群の治療

他の睡眠障害が眠気の原因になっていないかどうかをまず確認する必要があります。睡眠不足症候群は、原因がわかれば簡単に治療できます。毎晩の睡眠時間を長くするだけです。そうすれば、症状は治まるはずです。

参考:AASM

December 2020 |  Reviewed by:  Virginia Skiba, MD and Andrea Matsumura, MD