【ニュース】健康づくりのための睡眠ガイド2023

成人は睡眠6時間以上推奨 健康づくりで厚労省ガイド

適切な睡眠を取るための指針の改定を議論する厚生労働省の検討会は21日、「健康づくりのための睡眠ガイド2023」を取りまとめた。小学生は9〜12時間、中高生は8〜10時間、成人は6時間以上を目安に睡眠時間を確保するよう推奨した。

高齢者には長時間睡眠は健康リスクだとして、寝床で過ごす「床上時間」が8時間以上にならないよう注意喚起した。

適切な睡眠時間は個人差があるが、睡眠不足が慢性化すると、肥満や高血圧、心疾患などの発症リスクが上昇し、死亡率にも影響する。

19年の国民健康・栄養調査によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は男性37.5%、女性40.6%。経済協力開発機構(OECD)の調査でも、日本人の睡眠時間は短いと指摘されている。

ガイドは睡眠で休養が取れている感覚「睡眠休養感」を高めることも大切だと説明。寝室にスマートフォンやタブレットを持ち込まずにできるだけ暗くして寝る、就寝直前の夜食や眠るための飲酒は控える、といった要点を挙げた。

覚醒作用があるカフェイン摂取は1日400ミリグラムを超えると眠りにくくなる可能性があるとした。目安はコーヒーカップ4杯分(700ミリリットル)に当たる。

子どもでは1〜2歳が11〜14時間、3〜5歳が10〜13時間と例示。朝食をしっかり取り、日中は運動し、夜更かしの習慣を付けないことが必要だ。成人は食事や運動など生活習慣、寝室の環境を見直して睡眠休養感を高めるよう呼びかけた。

高齢者は、夜の睡眠を妨げないように日中は長時間の昼寝を避け、活動的に過ごすのが望ましいとした。〔共同〕

2023年12月21日 17:15 日本経済新聞

コメントを残す