IHSS

特発性過眠症重症度尺度(The Idiopathic Hypersomnia Severity Scale, 特発性過眠症の重症度尺度(@@@@IHSS))とは、特発性過眠症患者の症状の重症度を判定するものです。
夜間および昼間の症状と、それぞれに関連する睡眠慣性(睡眠酩酊)、および昼間の機能障害を測定します。各質問に対して、3点または4点満点で症状を評価し、その回答を医師に確認してください。

1. 
1.あなたにとって理想の睡眠時間は何時間ですか?(週末や休日など、時間がある場合)

2. 
2.朝、決まった時間に起きなければならない日、充分な睡眠がとれていないと感じることはありますか?(通勤や通学など)

3. 
3.目覚まし時計を何個も使ったり、誰かの助けを借りたりしないと、朝起きるのが非常に難しい、あるいは不可能な日がありますか?

4. 
4.一晩寝て起きてから、どれくらいの時間で、自分がきちんと機能していると感じられますか? (身体も頭も完全に機能していると感じられるまでに、どのくらいの時間がかかりますか?)

5. 
5.起床後数分間に、意味不明な言動をしたり、とても不器用だったりすることがありますか?(つまずく、物を壊す・落とすなど)

6. 
6.日中、状況が許せば、昼寝をすることはありますか?

7. 
7.あなたにとって理想的な昼寝の長さはどのくらいですか?(週末や休日など、時間が許す場合を想定してお答えください)※一日に複数回の昼寝をしている場合は、すべての昼寝時間を合計してください。

8. 
8. いつも、昼寝をした後の気分はどうですか?

9. 
9. 日中、あまり刺激のない活動をしているときに、頑張っても起きていられないことがありますか?

10. 
10.眠気症状があなたの健康状態に影響を与えていると思いますか?(エネルギー不足、やる気が出ない、体を動かすと疲れやすい、体力低下など)

11. 
11.眠気症状が、あなたの適切な知的機能の面で問題であると考えますか?(集中力の低下、記憶力の低下、知的能力の低下など)

12. 
12. 眠気症状が気分に影響を与えていると思いますか?(悲しみ、不安、過敏性、イライラなど)

13. 
13.過眠症状のせいで、日常の仕事がうまくいっていないと思いますか?(家事、学校、趣味、仕事関連の作業など)

14. 
14. あなたの過眠症状は、車を運転する上で問題だと思いますか?

コメントを残す